児相被害110番

アクセスカウンタ

zoom RSS 川崎市南部児相事件でついに措置解除!

<<   作成日時 : 2008/07/29 21:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

このブログでもご紹介してきた川崎市南部児相事件。

昨日7月28日、ついに加藤家支援有志者の皆さんで、加藤家の子供さんの無条件措置解除、自宅からの通学妨害の中止などを求めて川崎市南部児相に行き、本土決戦に突入しました。

この日まで川崎市南部児相は加藤家の子供さん達の帰還を認めず、虐待を受けた施設への再入所を求め、法の限りを尽くして改正児童福祉法による出頭命令、家庭裁判所への「入所措置申し立て」を行いました。また、私たち有志が児相の建物に入ると、警察を動員して、支援活動の粉砕を試みました。

ところが、児相に呼ばれた警察官の中にも実際の状況を見て「児相が法律、法律と高飛車に納得できない事を言うと。皆さんの方も、人道上、こんなやり方は容認できないと感じて、抗議してると?んー、やはり、これは児相が求めるような不退去罪の適用は出来ない」となり、警察は児相寄りの立場でしたが、話し合いの促進を薦めるに留まることになりました。加藤さんご自身の必死の訴えもあり、もはや、この交渉の妨害は不可能になりました。

児相所長はこの状態に業を煮やし、やっと出てきましたが、「本日、当事者の加藤さんと支援者の代表と、子供さんの今後について話し合う」との見解で、話し合いの場につけないまま膠着。もうそのまま交渉状態に突入しました。あくまで「措置解除だ!」との声にそのうち「今後の措置解除を検討する」。「いや、今日中に措置解除だ!」と追い込み、「本日、措置解除をする」の約束を取り付けました。「みんな、今日、措置解除だ。聞きましたね?」(交渉代表)「はい。はっきりと聞きました」(支援者達)。支援者のみんながそれぞれの専門や知識を生かし協力し合い、児相の理屈を崩して行きました。個人の能力を超えた交渉力が生まれているのが、はっきりと分かりました。

あと、もう少し。所長が「ただし、家庭訪問を行う」と隙をついて小声で言い出しました。その声を聞いた数人が、次の瞬間まったく同時に「だめ!」と即答。さらに交渉、所長が「できたら、家庭訪問をしたいんだが…」。すかさず、「でも、加藤家にはしませんね?」。皆が「家庭訪問なんか絶対だめだ!」。所長がうなずきました。チェック・メイト。

その後、無条件の「措置解除通知」(理由:「その他」?児童の施設内虐待のため、とか書けないようだ。)が加藤さんに手渡され、子供さんを代表して、一番上のお姉ちゃんから、児相に「裁判所に嘘だらけの書類を出さないで下さい。私達にこれ以上、関わらないで下さい。」とりっぱに意思表明。その後、施設での虐待について、証拠を示し、児相に謝罪を求めました。

担当者の一人は「もっと、あなたたちの言うことを聞いていればよかった」とコメント。所長は「安全な施設に至急戻れ」から「施設内の虐待については、今後、事実関係を調査して報告します」とのコメント。通学妨害もやめ、転校の手続きもすると確認。別担当者が最後の悪あがきで「われわれには家庭訪問の権利があるんだ」と食い下がってきたので、即、排除。終戦。

これは、川崎市南部児相に加藤家支援の、メール、ファックス、電話をして下さいました皆さんのお陰でもあると思いました。ご協力本当にありがとうございました。

現在、児相が「措置解除」する場合、ほとんどの場合、条件を付けられ、子供が18歳になるまで、ずっと、児相からの教育や講習を受け入れることを強制され、何かあれば、また親子分離され、子供が施設へ逆戻りという状態になっているそうです。そのような事態に陥らないためにも「無条件措置解除」を求めるのは重要なことなのです。

これまで横須賀児相、東京児相での児相被害事件を解決してきた皆さんのお話では、今回の川崎市南部児相の対応は非常にしつこいものだったそうで、それが解決されて行く様を、直接目にし、私たちも、ここに報告できる情報、今後のために報告できない情報を含め非常に勉強になりました。ありがとうございました。

私たちへの問い合わせは、このブログのメッセか以下のメール・アドレスへお願いします。

メール問合せ先:jisou110@yahoo.co.jp

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こころ さま

jisou110@yahoo.co.jp

までご連絡頂ければ幸いです。現在3人体制(まだ貧弱…)なので、内容により、多少お時間頂いております。よろしくお願いいたします。
副管理人
2008/07/31 00:34
お返事、ありがとうございます。早速、友人に伝えました。一日もはやく娘さんが帰ってくるように、できる限り、友人を支えたいと思っています。こんなことが今の日本に現実にあるなんて、同じ、母親として、本当に悲しいし憤りを感じています。
こころ
2008/07/31 07:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
川崎市南部児相事件でついに措置解除! 児相被害110番/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる