児相被害110番

アクセスカウンタ

zoom RSS 杉並児相の嘘(杉並児相女児誘拐事件)

<<   作成日時 : 2008/09/30 22:25   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

杉並児相による一方的性的虐待決め付けによる女児誘拐事件。

銭湯などで女児などが無辜(むこ)感染(性行為によらない風呂の椅子などによる性病の接触感染)することがあるのは医学的な常識です。それを一方的に親などによる性的虐待と決めつけ、杉並児相が強制親子分離を決行した事件を報告しました。

家族によって無事に子供さんが取り戻せ、皆さんのご協力のもとで、職権濫用による再強制親子分離の禁止と措置解除に向けて戦いが続いています。昨日9月29日現在の状況をお知らせいたします。


○杉並児相所長は直接面会による話し合いを拒否しています。

○児相は措置解除通知の条件として住居を良い環境へ引っ越すなどを主張。(良い環境の基準は不明。住んでいる場所によって強制親子分離するという見解。)お父さんが、「良い環境とは、母親のとこにいることだ」と主張しました。

○児相担当者森氏以下職員は驚くべきことに、「性的虐待などと言いませんでした」、また父親が「舐めた」と当初主張していた根拠なき性的虐待容疑も「言いませんよ」などと明確に否定し始めました。

○桑原ご夫婦は賢明にも、これら以前の児相職員の性的虐待決め付け発言を録音していたので、明確に児相側の嘘、もみ消しを立証できています。

○児相側はさらに措置解除するには「お嬢ちゃんの様子を見て、家庭訪問を何回もして…家庭訪問してもお子さんを取上げたりしませんよ」と言いながら、にんまり笑ったそうです。「今、○○ちゃん、どこにいるの?」と聞き始めました。(註:居場所を話すと児相は必ず子供を誘拐します。多くの被害者の証言から明確です。断言します。これも真っ赤な嘘なのです。)

○話し合いに同席した野牧、小菅氏は、「探してる、探してる、また、子供を取る気だ」、と、恐怖のあまり言いました。すると、森氏達が立ち上がり、「出て行きなさい」と恫喝し、話し合いは決裂しました。

詳細は

http://constanze.at.webry.info/200809/article_23.html

をご参照下さい。

引き続き、杉並児相に対しての措置解除、強制親子分離禁止を訴えていきましょう。桑原家の子供さんを理由なき虐待処理から守りましょう。



私たちへの問い合わせは、このブログのメッセか以下のメール・アドレスへお願いします。

メール問合せ先:jisou110@yahoo.co.jp


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
娘を虐待から保護するらしい2
昨日の西三河福祉相談センターの馬鹿げた対応に父さんも母さんも頭に来ていましたが、今日になって母さんから昨日よりは落ち着いた話を聞くことが出来ました。今日になって娘から母... ...続きを見る
子育て父さん奮戦記
2012/02/16 22:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「ママ」さま、10月3日PM14:26のお問合わせ確認しました。内容を考慮してコメント表示を見合わせます。返事をご希望の様ですので、本文内下部メール(jisou110@yahoo.co.jp)まで御連絡をお願いいたします。
副管理人
2008/10/03 22:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
杉並児相の嘘(杉並児相女児誘拐事件) 児相被害110番/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる